ひざの痛み・O脚・骨盤矯正

ひざ・О脚

ひざの痛みで当院に来られる患者さんは、ひざの内側に激しい痛みを訴えて来られる事が多いです。

立ったときに両側の脚(ひざ関節)が外側に変形していて、
病院などで「変形性ひざ関節症」と診断されてからいらっしゃいます。

ヒアルロン酸の注射を長い期間うち続けても痛みが取れない、改善しない。
最終的には「手術するしか治らない」と宣告されてしまう。

でもやっぱり手術は避けたい、手術は嫌ですよね。
手術をしなくて良ければしない方が身体への負担も少ないですし、
手術後の入院やリハビリに費やす時間もなくなるわけです。

ひざの内側に痛みを発症することが多いですが、
何年も痛みを我慢して痛みが激しくなる前に早く痛みを取り除きましょう。
少しでも早ければ早いほど早く改善し、痛みは消滅しやすいです。

両ひざの間が開きO型に見える状態をO脚といいますが、
ひざが外側に向いて屈曲しているもの、いわゆる「ガニ股」とは少し違います。
軽い症状の方も含めると、日本人全体の8割くらいの方がO脚といわれています。

O脚のほとんどの方は関節のねじれが多く骨そのものには問題がないことが多いです。
ですので、多くの場合は案外簡単に整えることが可能です。

O脚は立ち姿も綺麗ではないですし、ひざを痛めたりする可能性があります。
すべての症状に言えることですが、処置が早ければ早いほど早く改善します。

また加齢と共にひざは悪化しやすくなりますので、早めに処置しておく方が良いと思います。
施術での痛みはほとんどありません。
ひざに痛みのないO脚でしたら、程度や色々な条件にもよりますが、改善は早いと思います。
当院で調整した後に自宅で簡単なO脚調整のための自己ストレッチを覚えていただき、
ご自宅や職場で日に何回か簡単なことを続けてもらうとより早く結果がでます。
少しでも早く改善していただくようにするのが、当院の施術方針です。

骨盤矯正

骨盤は、その中心にある仙骨、仙骨の下にある尾骨、
仙骨の左右両側にある寛骨(腸骨、坐骨、恥骨)の
5つの骨によって構成されています。

骨盤矯正というと、一般的には骨盤周りを押したり揉んだり、骨盤の所をねじって“ボキッ”という衝撃を与えたり、身体をねじることにより矯正をする技法が多く見受けられると思います。
確かにそのような技法の骨盤矯正でも、一時的には症状が和らいだりスッキリした感じがしてきます。
しかし、結果として出てきた痛みを緩和させているだけなので、しばらくするとまた元に戻ってしまうといったことを繰り返してしまい、根本的に改善しにくいのです。

全身のバランスを整え、身体全体が正常に機能することを目的とし、身体(骨盤と脊柱)の中心を正しい位置に戻す(調整する)ことを施術の基本と考えています。
骨盤のゆがみが深刻なのは、外面的なスタイルが悪くなるといったトラブルだけでなく、身体の内面的なトラブルまで引き起こしてしまう点です。

骨盤のゆがみは、ホルモンバランスや自律神経の乱れ、内臓機能の低下によって、子宮や卵巣が圧迫されて婦人科系のトラブルの原因になってしまいます。
骨盤矯正も当院では行っておりますので、ぜひご来院ください。

その他おすすめメニュー

料金・お問い合わせ

  • facebook
  • twitter